理美容室に勤めるプロのみ入店可能

化粧水

ファイブ池袋店は、理美容品の卸問屋FIVEを展開する株式会社ヘアラボ小林が、表参道店と大阪堺店に続く3店舗目としてオープンさせた会員制ショップです。2019年7月にオープンしましたが、もちろん理美容師専門なので理美容師や理美容学校の学生しか会員にはなれず、入店もできない業界店なのでそこは認識しておきましょう。取り扱っている商品はありとあらゆる理美容商品で、その数はなんと常時1万点以上もあります。点数の多さも魅力ですが、もちろん求めやすい価格なのでプロにはなくてはならない存在と言えるでしょう。業界では知らない人はまずいない有名店で、有名なカリスマ美容師も表参道店には通い詰めていたことで知られています。オープン当日は記念特価セール品が山積みとなり、開店を待ちわびて列をなしていた理美容師たちが笑顔で買い物を楽しんだようです。

プロにも学生にも助かるショップ

基礎化粧品

平日は21時まで営業しているので、急に消耗品が切れてしまった際にもすぐに手に入るのはプロにとってとても助かります。また理美容学生は学生証で入店可能ですので、自分の知らないアイテムやツールの勉強のために足しげく通う人も多いでしょう。いままで東京には表参道店しかありませんでしたが、そちらも常時1万点以上の品揃えがあり、常に求めやすい価格で理美容用品が提供されています。表参道店内には講習会場などがあり本棚なども併設して勉強できる環境もありますが、スキルアップの場としても使えるのはよいアイディアですのでファイブ池袋にも期待したいところです。

元プロが的確にアドバイス

スキンケアする女性

ファイブ池袋の運営会社の株式会社ヘアラボ小林は、理美容用品・化粧品の販売・卸業がメインで直販の店舗経営も実施しているスタイルです。一番の特徴は、スタッフが元理美容師という点で、欲しい商品、気になる商品の説明も的確なところでしょう。理美容品の新製品はものすごいスピードで登場して来ますし、それがどんなものなのか、どんなメリットがあるのか理解するまでが大変です。それぞれの特徴を理解し、どのように効果が得られるのか熟知しているスタッフがいるのは頼もしい限りです。わからないことはどんどん聞くのがおすすめです。

すべて手に取って確かめよう

女性

ファイブ池袋に限りませんが、ファイブの店舗では高額シザーなど、なかなか試せないアイテムも試用ができるのが大きな魅力です。理美容品のツール類はかなり値が張るものが多く、30~40万円くらいするものも少なくないですが、そんな高額品を納得するまで触らずに購入するほど恐ろしいことはありません。もちろん、高額なものは高額なだけの理由があり本当によいものなのですが、それが自分の手に合うかどうかはまったく別の問題です。一般の店舗では心ゆくまで使ってみるというわけにはいきませんが、ファイブ池袋ならそれも可能です。実際に触れてみて、使ってみて、本当に納得したものを購入するのが正しいファイブ池袋店の使い方と言えるでしょう。

広告募集中